イメージ画像

ミニ引越しは、「ケートラックス」におまかせください

運送プラン

当社は軽トラックで ミニ引越し サービスを行う軽貨物運送業者です。

東京・神奈川(横浜・川崎)・千葉・埼玉からの一人分の引越しが格安で可能です。
荷物の少ない引越しなら、さらに格安な料金にて対応させていただきます。

当社のミニ引越しプランは以下の2つです。

お客様の荷物だけを運搬致します。(貸切り便です)

荷物の運送に使用する車両は軽トラックです。

軽トラック1台につき運転手兼作業員1名が基本となっております。

現在のお住まいのお部屋から荷物を搬出して軽トラックへ積み込み。
積込み完了後は、引越先に直行致します。
引越先では軽トラックの荷台から荷物を降ろして、お部屋へ荷物のお届け。

ダンボールのご準備と箱詰め・梱包はお客様にてお願いしております。

こんな内容なら是非当社へ

・実家からワンルームへのミニ引越し

・ゲストハウスやシェアハウスへの荷物の少ない引越し

・家具つきのアパート・マンションへの移動

・トランクルームや貸し倉庫などへの荷物を搬入(または搬出)

・介護施設への入居の際の荷物の搬入(または搬出)

・電化製品や家具類を知人・友人に譲りたいとき

対応できない荷物

高さが140cmを超える冷蔵庫。2ドア冷蔵庫も一部該当するものもあります。

ドラム式洗濯機

セミダブル以上のサイズのベッドマット

37インチ以上の薄型テレビ、30インチ以上のブラウン管テレビ

マッサージチェア

横幅が180cm以上のソファー

バイク・原付

その他、運搬に作業員3人以上必要と思われる物

お問い合わせはこちらから

042-313-5271

受付時間 9:00~19:00


メールでのご相談・御見積は
こちらのフォームからお願いいたします。

引越用の車両

荷物の少ない引越しにピッタリのトラックです。
35×35×35cmのダンボールなら40箱以上積めます。
最大積載量は350kgです。

軽トラックの荷台の大きさは
奥行 180cm
横幅 130cm
高さ 160cm

少ない荷物の引越し体験談

【実家からの初めての少ない荷物の引越し】

社会人になって3年程たったときに、仕事がとても忙しく 当時実家から仕事場まで通うことが大変になっていました。

通勤時間が長いということはそれだけ無駄な時間も増えてしまいストレスに感じていました。

そんなおり、職場から徒歩五分のところにワンルームマンションがあり、 おもいきってそこに引っ越すことになりました。

そもそも一人で住む予定で借りた部屋で、家具や家電は新しく買うことになっていたため、 少ない荷物での引越しとなりました。

具体的にいうと、私自身が引越しで持ち出すものといえば、 自分の洋服や靴と鞄と極最小限の身の回りのものだけでした。

念のため軽トラックの引っ越し業者に見積もりをだしてもらったのですが、 本当に荷物が少ないということで東京23区内でのミニ引越しだったのですが、 7000円で契約することができました。

家具や家電は持ち出すものはなかったのですが、その分自分自身の服や小物がとても多く、 おそらく引っ越し業者に頼らず自力で引越しすることは、 車の免許のない私にとっては不可能だったと思います。

荷物が少ない引越しというだけで、自分自身もとても気持ちの面で楽で、 余裕をもっての引越しがすることができました。

引越し開始が平日の夕方からだったのですが、 すべて終わるまでには2時間以内で終わることができました。

とても満足のいく引越しができました。


【荷物の少ない引越しこそ安くできる】

友人とルームシェアをすることになり、ミニ引越しをすることになりました。

自分一人では限界があるので軽トラックの引越し業者に依頼することにしました。

もともと家電付きの家に住んでいたし、 部屋にモノを置くのが好きではなくシンプルな生活が少なかったので、 せっかく荷物も少ないし、できるところは自分で行ってもいいから、 荷物の搬入搬出だけを業者に頼むような感じでとなりました。

できるだけ低予算で行いたいと思っていました。

始めは大手の業者に依頼することも考えましたが、 インターネットで見積もりを出してもらうと想像より遥かに高額で断念しました。

知り合いから軽トラックの業者が良いと聞いたので、早速依頼しました。

料金がリーズナブルな分、梱包資材のダンボールも自分で調達して荷物を梱包したりしました。

でも新居は今よりも狭い部屋になると分かっていたので、 あらかじめ洋服や不用品を処分しておきました。

私は荷物が少ないのもあり、軽トラックの業者にしましたが、さすがプロ。

大切な荷物を傷つけることなくスムーズに搬入搬出してくれました。

荷物の少ない引越しこそ料金はいくらでも安く出来ます。

特に女性だと一人で引越しは限界がありますので、 自分にあった引越し業者を選んで気持ちの良い引越しをしたいですよね。


【寮での共同生活】

学生生活を終えて、初めての就職が寮に入るのが絶対条件の職場でした。

それまでずっと家で親としか生活したことなかったので、初めての他人との共同生活。

まずは荷物のお引越しから、段取りが必要でした。

なにせ寮で、お風呂やトイレ、台所などは共同だったので、 何を持っていけばいいのかさっぱりで。

母は備え付けの寮だと勘違いしたみたいで、 服と布団、ラジオと日用品ちょっとだけをダンボール数個につめて、 軽トラックで運んでもらうだけの荷物の少ない引越しでした。

ついてみたらなにもない部屋で、最初なれない仕事が終わったあとに、 一人ラジオをつけて、風で窓がガタガタなる中布団だけひいて夜をすごして、 すごく泣きそうになったの良い思い出です。

そこで体験した共同生活、楽しいこともいっぱい、つらいこともありましたが、 とてもよい体験になりました。


私が引越しをした中で、一番荷物が少ない引越しとなったのは、 実家から出て、結婚するために引越しをした時のことでした。

新しく暮らすマンションには、電化製品がほとんど揃っていましたので、 家電を持っていく必要は全くありませんでした。

エアコンも洗濯機も冷蔵庫もマンションに備え付けで、 二人で暮らしていく分には十分な大きさでしたし、 必要最低限のものだけを持っていくということで大丈夫でした。

とは言っても、私も女の子でしたから、服の量はかなり多かったと思います。

服や靴は選びきれなかったので、持っていきたい分を全部詰め込んで持って行きました。

マンションは14階建てのマンションで、エントランスホールもわりと広くて綺麗なつくりで、 ちゃんとオートロックもありましたし、いつも管理人さんもいましたので、 暮らしていくにはとても安心の出来るマンションでした。

結婚相手の方も服や靴、オーディオ、テレビくらいを持ってきただけで、 ベッドやチェストなどはあとから買う計画でした。

テレビも小さなテレビだったので、荷物が少ないので 軽トラックの引越し業者さんにお願いしました。

家電製品の揃っているマンションはかなり引越しが楽だと思いました。

とりあえず、生活していけるものが揃っていますので、 あとは服や靴さえあれば大丈夫ですから。

荷物が最小限で済む引越しは、引越ししてからの後片付けもササッと終わりますし、 すぐに快適な暮らしに出来るのでとてもいい引越しだと思います。

このページの先頭へ