世間一般の引越しに対するイメージには、「費用が高い」という意見が多いのではないでしょうか。 ずばり、これから紹介する方法を実践し、いくつかの条件が合えば、 総額1万円以内で引越しを済ませることが出来ます。 ただし、荷物がそれほど多くない方、少量の荷物の方に限ります。 その方法を、“より費用を安く浮かせる”という観点から、 簡単ですがアドバイスと言う形で説明していきたいと思います。

まず1つ目ですが、いたって単純です。 「引越し業者を使わない」という方法です。 引越し業者に依頼せず、引越しなんかできるのか、と思われる方もいるかもしれません。 大抵の人は“引越し=引越し業者に依頼”という固定的な考え方に囚われがちではないでしょうか。 しかし、改めて考えてみれば、何も高いお金を払ってわざわざ業者に頼らなくても、 いっそのことすべて自分で済ませてしまえばいいのです。 そのための手段の一つとして、「レンタカーを借りる」という方法があります。 バンや軽トラックなど、少し大きめの車を借りて自分で引越し先まで運んでしまうのです。 荷物が少量であれば、梱包や積み込みも友人や家族の協力を借りることでスムーズに進みますし、 手間と時間は多少かかりますが、上手くいけば費用は通常の2分の1以下に抑えられるでしょう。 ただ、遠方への引越しの場合は、車を返却してくれる人がいることが必要になってきます。 県内や隣県までくらいの引越しを考えている方にとっては、 かなりお得なに引越しができる方法だと言えます。

2つ目は、業者を使わない1つ目の方法にプラスアルファの要素を加えたアドバイスです。 レンタカーを借りて自分ですべて済ませる、と言っても、 どうしても持っていきたい大型家電や家具が1つや2つある方にとっては困難な場合もあるかもしれません。 そんな方におススメするのが、「宅配便の利用」です。 引越し業者に依頼するのではなく、宅配便業者に“荷物”として依頼することで、 荷物のみの料金で済ませることができます。 重量や大きさの制限はありますが、比較的小さな冷蔵庫や一人用のソファなどは梱包次第では依頼が可能です。 “レンタカー代+宅配便代”で一万円は超えてしまうかもしれませんが、 それらを総じても、費用を安く済ませられることに変わりはありませんので是非参考にされてください。 また、引越しのためにレンタカーを借りる時は、できるだけ平日をねらいましょう。 休日や大型連休中の間はどうしても値段が高く設定されますし、すでに借りられてしまっている、 というケースもあるからです。 以上、「荷物が少量の引越し」に関するアドバイスをご紹介しました。 

サンプル画像