引越しをする上で一番手間がかかり、なかなか進まない作業が荷造りだと思います。 引越しをする前にしなければならない作業ですが、 どこから手をつけたら良いのかわからず、 仕舞いには全部引越し業者に追加料金を払って梱包してもらうというパターンの人も多いのではないでしょうか。 今回はそんな引越し前の梱包に注目してみました。

引越しをスムーズに終わらせる明暗を分けるのはこの梱包の段階と言っても過言ではありません。 きちんと梱包されたものは、新居に移動した後もスムーズに片付けることができるはずです。 梱包で大切な要素は二つあります。

まず一つ目は要らないもの、使わないものは詰めないことです。引越しは言わば断捨離の大チャンスです。 普段、クローゼットの奥のものを引っ張り出して片付けようなどということは、 よっぽどのことが無ければしないと思います。 しかし、引越しとなると、今部屋にある物は必ず一度手を取るはずです。 そこで、いる物は梱包する。要らないものは処分する。 ただそれだけで新居には必要のある物しか無い状態を作り出すことができるのです。

もちろん悩む物もあるかと思います。 悩んだ時はとりあえず保留の箱を作って最後にもう一度よく考えるようにしましょう。 とりあえず持って行こうの選択をしてしまうと絶対に片付けできないからです。 断捨離は思い切りが必要です。 引越しする荷物が減ればそれに応じて引越し代金が割安になるケースもあります。 不要なものを減らして、費用も抑えられれば一石二鳥です。

そして、二つ目が、新居をイメージする事です。 どういう事かというと、漠然に箱に詰めるのではなく、 新居のどこに収納するつもりかを思い描きながら箱に詰め、 詰めた箱にどこの部屋のどこに収納するのかを記入しておけば、 新居に移動後には箱を開けてただもくもくと収納するだけで済みます。

例えば同じ書籍でも小説は寝室の本棚で、雑誌はリビングのラックに収納したいのであれば、 書籍という種類でくくるのではなく、寝室とリビングというくくりで箱詰めした方が、 箱から出して片付けする時が楽になるのです。 箱詰めする段階で新居に片付けしているイメージを持つことで、 その後の作業効率にかなりの差が出てくるはずです。

このように2点のことを気にして荷造りできれば引越しは成功するはずです。 ただ、やはり荷造りの作業は手間がかかり、やる気になりません。 ですから、一気にやろうとはせず、 普段使用する頻度が少ないところからコツコツやっていくようにしましょう。

サンプル画像